【画像付き】脂漏性角化症のケアと治療法を徹底解説!

【首いぼの種類】脂漏性角化症のケアと治療法を徹底解説!

 

年齢とともにできてくる顔、首、デコルテなどのポツっとしたもの。これは脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)と呼ばれています。脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)について詳しくご紹介します。

 

 

脂漏性角化症とは?

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とは年齢とともに出てくる顔や首などのポツポツしたものです。別名年寄りイボともいわれて、30代からでき始めて老人になるとすべての人に出てくる皮膚の老化現象です。

 

手のひら、足の裏以外の皮膚であれば、全身どこにでもできます。色は肌色から褐色、黒色までとさまざまな濃さのものがあります。大きさは数mmから2~3cm、5㎝ほどの巨大なものまであります。わずかに盛り上がったものから突出して出ているものまであります。

 

別名、アクロコルドンやスキンタッグ、軟性線維腫、老人性疣贅(ゆうぜい)とよばれるものです。

 

これが脂漏性角化症

 

放置しても自然に消えてなくなることはありません。加齢とともに増えていき、高齢者では必ずできるものです。ホクロに似ていますが、脂漏性角化症は指でこするとポロポロと皮ふが剥がれるような感触があります。

 

年齢とともに増えていくので心配ですが、皮膚の良性腫瘍(しゅよう)です。特に治療する必要はありません。痛みやかゆみはありませんが、まれにかゆみをともなうことがあります。しかし見た目にも良くないので治したい、消したいという方が多いようです。

 

あまりにも凹凸があったり、形がいびつなものは悪性の可能性があります。そんなときには皮膚科を受診しましょう。

 

脂漏性角化症の原因

日光による露出部の皮膚の老化が原因と言われています。日光が当たりやすい顔や首、デコルテ、頭背中に出来やすいものです。老化現象ですが、最近では20代でも脂漏性角化症に悩む若者が増えています。多くは目立たない色だったり、小さなものです。しかし顔にできてしまったものは見た目がよくなく悩みの種になります。

 

その他、遺伝的要因があります。親が脂漏性角化症の場合は遺伝することが多いそうです。

 

脂漏性角化症のケア

脂漏性角化症は紫外線が原因なので紫外線ケアをするといいでしょう。外に出るときにはUVケアをして日傘や帽子で紫外線をシャットアウトしましょう。

 

老化はしかたないとあきらめずにお肌のお手入れも念入りにしましょう。乾燥しているお肌は脂漏性角化症が出来やすいとも言われています。ていねいなケアでお肌を保湿してあげましょう。

 

脂漏性角化症の治療

脂漏性角化症を治療したい場合は皮膚科を受診しましょう。治療法は液体窒素治療、レーザー治療、電気焼灼、外科的手術による切除術が行われます。

 

液体窒素による凍結療法

液体窒素を浸した綿棒を患部に押し当てる治療法です。数日でカサブタになり、その後数日でカサブタがはがれます。色素沈着しやすく、何度も通う必要がある治療法です。

 

レーザーによる切除術

局部麻酔を行ったあとにCO2レーザーを照射し、脂漏性角化症を蒸発させるほうほうです。治療が1回で済むので忙しい人に向いています。一番きれいに仕上がりますが、自費治療になります。

 

電気焼灼治療(電気外科的治療)

電気メスを使用した切除法です。通常2週間ほどで傷あとは治ります。

 

外科的手術による切除術

脂漏性角化症が大きい場合などは外科手術を行います。メスで患部を浅く取り除く方法です。

 

脂漏性角化症の自宅ケア

脂漏性角化症を病院で治す方法はいくつか種類がありますね。医師と相談して治療を受けるようにしましょう。では脂漏性角化症は病院に行かないで自宅できれいにする方法はないでしょうか?

 

実は自宅でケアする方法があります。それは首いぼクリームを使うこと!首いぼクリームとは首や顔などにできる脂漏性角化症をきれいにするクリームのことです。いぼに良いといわれている鳩麦やあんずといった成分が入っていていぼをケアします。

 

わざわざ病院に行きたくない、自宅でなんとかしたいという人は首いぼクリームを試してみるといいでしょう。

 

脂漏性角化症のまとめ<

脂漏性角化症は老化現象の一つ。でも老化だからとあきらめてしまうのはまだ早い!適切なケアで若々しい肌が手に入ります。首いぼクリームならできてしまった脂漏性角化症をきれいに、さらに脂漏性角化症ができにくい肌に導きます。

 

イボ子は市販の首いぼクリームを使い比べてレビューしてみました。イボ子の首いぼクリーム・ランキングはこちらです。

 

おすすめ首イボクリームランキング