【画像付き】老人性疣贅の症状と治療法を徹底解説!

【画像付き】老人性疣贅の症状と治療法を徹底解説!

 

早ければ20代後半、30代からではじめる首や顔などのポツポツしたものは老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)かもしれません。老人性疣贅の症状と治療法を徹底解説します。

 

 

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とは?

老人性疣贅の症状

老人性疣贅とはいわゆる年寄りイボ、老人性いぼのことです。脂漏性角化症とも呼ばれています。手のひらや足の裏以外の皮ふであればどこでも出来ます。特に顔や首、デコルテ、頭部、背中にできるものです。顔や首に出来たものは見た目も良くないし、老けて見えるのでイヤですよね。

 

色は肌色から褐色、黒色のものまであります。大きさは数mmから2~3cmくらい。わずかに盛り上がるようなドーム状のものから出っ張って指でつまめるものまであります。

 

ニキビと間違えやすいものですが、ニキビの表面はザラザラした感じがなく、老人性疣贅の表面はざらざらしていることが多いです。

 

老人性疣贅

 

特に痛みやかゆみなどはなく、放置していると大きくなったり増えたりする傾向があります。人によっては20代後半から発症するケースもあります。老人性疣贅は特に皮脂腺の多い脂漏部位にできやすいので脂漏性角化症とも呼ばれています。その他、アクロコルドン、スキンタッグ、軟性線維種などと言われることもあります。

 

老人性疣贅は良性の腫瘍(しゅよう)です。そのため、わざわざ病院で治療するのはちょっとと感じている人も多いでしょう。疣贅・イボにはウイルス性のものもあります。ウイルス性疣贅の尋常性疣贅扁平疣贅についてはそれぞれ詳しくご紹介しています。

 

老人性疣贅の原因

老人性疣贅は皮ふの老化現象です。80歳以上の高齢者ではほとんど100%見られる症状です。

 

紫外線による肌老化

主な原因は紫外線によるものと言われています。

 

紫外線を浴びると皮ふの一番絵にある表皮と言われる部分でメラニン色素が作られます。日焼けしたときに肌が褐色になりますね。そしてその下の組織である真皮まで紫外線が届かないようにブロックします。

 

通常表皮で作られたメラニンはお肌の生まれ変わりサイクルのターンオーバーによって皮ふ表面に押し上げられて、角質とともにはがれ落ちるものです。

 

しかし年齢を重ねたお肌は新陳代謝機能がゆっくりになったり、紫外線を浴び続けることで蓄積してしまったメラニンが少しずつたまっていきます。そのため肌表面にシミが出来てしまうのです。これを老人性色素斑(老人性しきそはん)といいます。老人性色素斑が盛り上がったものが老人性疣贅と言われています。

 

皮ふへの摩擦

皮ふへの摩擦が多いと角質が固まりイボになると言われています。首は襟でこすれたり、ネックレスでこすれることで老人性疣贅が出来やすくなります。

 

肌の乾燥

通常、お肌はバリア機能を持っていて刺激や摩擦から肌を守っています。しかし肌が乾燥するとバリア機能が働きません。そのため、刺激や摩擦に弱くなり、老人性疣贅ができやすくなります。

 

遺伝

遺伝により出来やすい人、出来にくい人というのがいます。

 

老人性疣贅の治療法

老人性疣贅は良性の腫瘍のため、治療をする必要はありません。しかし顔や首に出来てしまったものはゴミが付いているようで見た目がよくないし、なんだか老けて見られてしまいます。病院に行くとしたら皮膚科や美容クリニックです。

 

老人性疣贅の治療法は主に4つあります。

 

液体窒素のよる凍結療法

患部に液体窒素という超低温の液体を当てて、低温火傷を起こしカサブタを作るものです。カサブタは1~2週間後に自然にはがれ落ちます。人工的に低温火傷を起こすのですが、麻酔をかけないため、非常に痛みをともないます。また炎症による傷あとが残る可能性があるため、顔や首などの目につく場所には使わないほうが良いとされています。保険治療ができます。

 

レーザーによる切除術

ホクロやいぼの治療で使われるCO2(炭酸ガス)レーザーを患部に当てて、細胞を焼き切る方法です。液体窒素よりも傷あとが残りにくいので顔や首に使われる治療法です。麻酔をかけますし、痛みを感じない方法です。自費治療になります。

 

電気焼灼(しょうしゃく)治療

電気メスを使った切除術です。保険治療です。

 

外科的手術による切除術

大きなものなどは外科的手術を行うことがあります。保険治療です。

 

老人性疣贅のまとめ!

見た目に老けてみえる老人性疣贅。30代、40代で出てきてしまったら取りたいと思いますよね。病院に駆け込むのもいいですが、自宅でケアできる方法もあります。イボ子は首いぼクリームで老人性疣贅をきれいにしました。首いぼクリームを色々試して成分や安全性、使いやすさや口コミからランキングを作りました。

 

イボ子の首イボクリーム・ランキングはこちら!

 

イボ子のおすすめ首イボクリームランキング