【※これなら安心】妊娠中にできた首いぼの原因とケアの方法徹底解説

【※これなら安心】妊娠中にできた首いぼの原因とケアの方法徹底解説

 

妊娠中にできてしまう首のいぼ。実は多くの妊婦が悩んでいます。どうして妊娠中に首いぼができるのでしょうか?対策はあるのでしょうか?妊娠中の首いぼについて原因とケア方法ををご紹介します。

 

 

妊娠中に首いぼができる原因

日常生活で首は比較的、無防備な状態にありますよね?日ごろから露出しているわりに、顔ほどお手入れをしなかったり。それでも皮膚の薄いところなので首は妊娠中の変化も出やすいところと言われています。

 

いぼには大きくわけて2種類あります。加齢にともなう老人性いぼとウイルス感染によるウイルス性いぼです。妊娠中にできるのは老人性いぼがほとんどだそうです。妊娠中にいぼができる原因は以下の3つです。

 

妊娠中にいぼができる3大原因
免疫力の低下

 

妊娠中に首にいぼができる原因は免疫力の低下と言われています。ママの体の中ではお腹の赤ちゃんのために栄養を与えたり、子宮を大きくしたり、母乳を作る準備をしたり・・・母体は体内でたくさんのエネルギーを使っています。

 

そんな妊娠時期に免疫力が低下してしまい、ウイルス感染したり、体内の老廃物がいぼとなって出てくるのです。妊娠前には自然にできていた代謝が、妊娠中ではうまくできなくなり肌代謝が低下。そして肌表面にはがれ落ちずに残ってしまった角質がいぼ化してしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

妊娠中はホルモンの働きが妊娠してないときに比べて活発になります。そのためホルモンバランスの乱れてしまいます。いぼだけでなく日頃できないニキビや吹き出物ができやすくなります。その他、肌が乾燥しやすいなどの肌トラブルが多くなります。

 

妊娠中に太るから

 

妊娠するとお腹の赤ちゃんを守るため太りやすくなります。妊娠前よりも太ることがいぼが出来やすくなる原因です。一般的に老人性いぼ痩せている人よりも太っている人のほうが出来やすい傾向にあります。

 

出来てしまった首いぼは治らない?

いぼが目立つようになると「いつ治るのか?」「早く治したい」と思ってしまいます。妊娠中の首に出来るイボは免疫力の低下が原因の一つなので食生活を正すことや十分な睡眠を取ることで治ることもあります。

 

妊娠中に首いぼが一時的に増えてしまっても産後、自然に治ってしまったという人もいます。あまり気にせずにマタニティライフを楽しんだほうがいいですね。

 

妊娠中の首いぼのケア方法

妊娠中は体もデリケートなので独断で市販薬などを使用するのは避けたほうがいいでしょう。気になるなら産婦人科医に相談しましょう。日頃からできるケアとしては入浴で体を温めて代謝をアップさせることです。

 

もちろん病院で治療を受けることもできます。

【完全版】年齢とともに気になる首イボの除去方法9選

 

しかし産後に自然に治ることもあります。妊娠中にわざわざ治療するのはおすすめできません。

 

ヨクイニン・ハトムギ茶を飲む

それでは自宅でできるケアはないのでしょうか?昔からいぼ取りにはヨクイニンという生薬が使われてきました。ヨクイニンとはハトムギの種から抽出されるものです。免疫力の向上や様々な肌トラブルにも効果があると言われています。

 

ヨクイニンについて詳しくはこちら!

 

ただヨクイニンは子宮を収縮させる作用があると言われている生薬です。そのため漢方の世界では妊婦にヨクイニンは処方しないことになっています。

 

ハトムギ茶についてはどうでしょうか?ハトムギ茶はハトムギの種を炒って煮出してお茶にしたもの。ヨクイニンエキスにくらべてヨクイニンの量は少な目です。もし飲んでみたい場合は産婦人科の医師に相談するといいでしょう。

 

首いぼクリームで取る!

次は飲むのではなくて首いぼに直接塗る首いぼクリームについてご紹介します。首いぼクリームとは首いぼに良いとされるヨクイニンエキスや杏仁オイルを配合したいぼ専門の化粧品のことです。

 

杏仁オイルについて詳しくはこちら!

 

この中で妊婦にも使えるものを選びましょう。妊婦でも使って大丈夫なものは艶つや習慣というものです。艶つや習慣はオレンジ色のジェル状で首だけでなく全身に使えるオールインワンタイプの化粧品です。

 

妊娠すると体調が悪い時や気分が落ち込んでしまうこともありますよ。そんなときは肌のお手入れに時間がをかけられないですよね?そんなときにはこれ1本で化粧水、乳液、美容液の代わりになる艶つや習慣が便利です。

 

全身のマッサージ、角質取りにも使えるので気になるヒジやかかとの硬くなった角質にも使うことできますよ!

 

イボ子の艶つや習慣のレビューはこちら!

艶つや習慣|口コミ・成分・効果を徹底調査!

 

イボコロリやスピール膏は使わないほうがいい

いぼ取りで有名なイボコロリやスピール膏などは妊娠中に使えるのでしょうか?もともとイボコロリやスピール膏は足の裏などの皮膚が硬いところに使うものです。首などの皮膚の薄いところに使うことはできません。皮膚を溶かす成分が入っているため塗布した肌は白くなり、痕(あと)が残る可能性があります。

 

使用上の注意にも、「妊婦又は妊娠していると思われる人」は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。と書かれていますし、「老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ)」には使用しないでくださいと記載されています。

 

 

妊娠中の首いぼまとめ

妊娠中はママの体内では赤ちゃんを育てるために様々な変化がありますね。それに伴い皮膚の薄い首にいぼが出来てしまうということでした。首いぼについて気になるようならかかりつけの産婦人科で相談するのがベターです。

 

イボ子おすすめの首いぼクリームのうち妊婦にも使えるのは艶つや習慣です。自宅で首いぼをケアしたいプレママには艶つや習慣をおすすめします。

 

妊娠中でも使える艶つや習慣を試してみる!