首イボに木酢液が良いらしい?やってみた人の口コミまとめ

首イボに木酢液が良いらしい?やってみた人の口コミまとめ

 

木酢液(もくさくえき)という樹木から抽出されるエキスが肌のトラブルに万能の効くと人気ですね。中には首イボにつけたら取れたといううわさもあります。首イボへ木酢液を使った口コミの検証とどうして首イボがキレイになるのか徹底検証しました。

 

 

木酢液で首イボが取れた方の口コミ

まずは木酢液を使った人の口コミをご紹介します。首イボに効果はあったのでしょうか?

 

首いぼに
イボに効果があるとのレビューを見て、首イボに使ってみました。綿棒でイボの部分に原液でぬってみると(比較的肌は強いほうです)、なんと、3回の使用でイボが枯れてかさぶたの様になっています。痛みもありませんでした。このかさぶたが取れるのを楽しみに待っています。

 

首のイボに
ここ数年で首イボがポツポツ出始めてきて、なんとかならないかと思っていたのでこちらのレビューを読んで購入しました。確かに臭いはキツイですが私は嫌いではないです。使用して一週間たちました。一つですが取れました。他のイボも黒くなり、もうすぐ取れそうでうれしいです。はじめは綿棒で塗っていたのですが、途中から絆創膏に染み込ませて貼る様にしたら黒くなるのが早くなった気がします。

 

びっくりです!
この木酢すごすぎです!首にあったイボか気になって綿棒で2回ほどつけてみました。たった2回の使用でイボがとれました。感動です。もうイボなんて怖くないです。買って本当によかったです。

 

大きめのイボが自然に取れました
老人性イボが首にたくさん出来ていて、ひとつ大きくて取れそうなイボが気になっていたので購入しました。
そのイボは、取れそうに見えたので、自分で取ろうとしたのですが、引っ張るとかなり痛くて…。
キッチンペーパーに少し薄めた木酢液を浸して、そのキッチンペーパーを首に巻き、上からサランラップで巻いて、3時間くらい置いていました。先ほど、それを取ると、気になっていた大きめのイボが自然に取れました!

 

期待してます★
だんだん首に老人せいイボが増えてきて、目立つので気になっていました。色々見ていたらここにたどり着きました!!木酢液を購入するのははじめてですが、想像以上の匂いで首のまわりに原液をつけるとキツイです…しかし我慢して寝る前に綿棒でイボにつけて絆創膏をしていたら徐々にイボの色が黒っぽくかわってきてある日、触っていたらポロっと取れました~。
これからも続けたいと思います♪

 

口コミを見ていると首イボがポロッと取れたという方がたくさんいました。原液やうすめた液を綿棒やバンソウコウなどでイボにつける方法で取れたという人が多いですね。

 

木酢液の首イボ撃退効果

それではなぜ木酢液で首イボが取れてしまうのでしょうか?その前に木酢液について少し解説します。

 

木酢液とは?

木酢液は樹木を炭焼きしたときの煙を集めて冷やして取れる液体です。主な成分は酢酸(約3%)という酢です。その他にもメタノール、アンモニアなどの約200~400種類の成分が入っていると言われています。

 

木酢液の使い方・使用用途

木酢液の使用用途は

  • 土に混ぜると栄養素が高まる
  • 土に混ぜて虫やカビを防ぐ
  • 家庭用生ごみのニオイ消し
  • 虫よけ全般
  • 野良犬や野良猫が寄り付かないようにする

 

など色々な使い方があります。それ以外にもお肌トラブル解消のために使っている人もいます。

 

お肌へのメリットとしては

  • 皮膚疾患の改善
  • 水虫や足のひび割れの改善
  • アンチエイジング
  • 殺菌消毒効果
  • 角質を柔軟化

 

お肌のトラブル全般に良いとされて、水虫などにピンポイントで塗る方法と、入浴剤のように木酢液をお風呂に入れる方もいます。

 

木酢液の首イボ撃退効果

ではどうして木酢液は首イボ撃退できるのでしょうか?木酢液は酢の一種なのですが、家庭用の食用酢の数十倍もの殺菌力があると言われています。その殺菌作用で水虫やウイルス性のイボまで撃退してくれるのです。

 

でも年齢とともにできてくる首いぼってウイルス性ではなくて加齢による老人性イボですよね?老人性イボに効果があるのはどうしてなんでしょうか?それは木酢液が新陳代謝を促進させる働きがあるからと言われているからです。

 

そもそも老人性イボの首いぼは古い角質が固まったものと言われています。その原因は紫外線、肌への摩擦や刺激、年齢による肌の生まれ変わりサイクルの乱れだそうです。木酢液は肌の再生をうながし、古くて硬くなった角質を柔らかくして、肌の生まれ変わりサイクルを正常に戻してくれる働きが期待できます。それで老人性イボの首イボにも効果があるのだと考えられています。

 

首イボ撃退するための木酢液の使い方・塗り方

それでは実際に木酢液を使ってみたい人のために使い方、塗り方をレクチャーしますね。

 

木酢液の使い方
木酢液を水で薄める

水で10倍程度に薄めた木酢液をガーゼなどに染みこませて、首イボにバンソウコウで貼ります。

 

30分待つ

貼り付ける時間は30分ほど。30分経ったら、はがします。

 

毎日行う

これを2週間から1ヶ月ほど続けるとイボが取れやすくなります。

 

かさぶたが自然にはがれるのを待つ

続けていくと首イボがかさぶたになります。あとを残さないためにも無理にはがさないで自然にはがれるのを待ちましょう。

 

イボ子のワンポイントアドバイス

 

毎日続けるのが面倒かもしれませんが、早い人では数日で取れる人もいます。また綿棒で首イボにチョンとつける人もいます。やりやすい方法で塗っていきましょう。


 

木酢液の副作用や注意点

イイことづくめの木酢液ですが副作用はないのでしょうか?副作用があったらイヤですよね。あと使うときの注意点などをご紹介します。

 

必ず薄めて使う

早く結果を出したいからと言って木酢液の原液をそのまま皮膚につけるのは良くありません。木酢液は強い酸性のため、反対に肌荒れを起こすこともあります。敏感肌の方は皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたり痛みがでることがあります。お肌に異常を感じたときには使用を中止しましょう。

 

匂いがきつい

木酢液のニオイはそうとうきついです。匂いがダメで使うことをあきらめた人もいるくらいです。どんな匂いかというと、スモーク(燻製・くんせい)の匂いです。それを濃くしたような感じです。薄めて使うとにおいも薄くなりますが、それでも匂ってしまいます。においに敏感な人は難しかもしれません。

 

木酢液購入のときに気を付けたいこと

木酢液を購入するときに気を付けたいことは質の良い木酢液を選ぶことです。木酢液はもともと農業やガーデング用に使われています。ガーデニング用のものは安いですが質がよくありません。お肌につけるのでしたら、専門店で質のよいものを選ぶことが大切です。

 

また木酢液は作りたてのものは不純物が多く、中には有害な成分も入っています。そのためしばらく放置してろ過したものを使います。できれば2年以上熟成したもの、不純物が入っていない原液100%ものを選ぶようにしてください。

 

木酢液購入のときに気を付けること
  • 質の良いものを選ぶ
  • 専門店で購入する
  • 2年以上熟成したものを選ぶ
  • 原液100%のものを選ぶ

 

イボ子おすすめはレビューの多いこちらのお店です。

 

 

首のイボ取りに木酢液!のまとめ

木酢液の首イボ撃退の効果をご紹介しました。口コミを見ると使った方の多くは満足されているようです。ただ木酢液の効果は民間療法です。必ず自己責任でお願いします。

 

木酢液のニオイがちょっとという方や、民間療法では不安な方は首いぼクリームを試してみるといいかもしれません。首いぼクリームはイボに良いとされる成分が入ったクリームです。

 

イボ子は7種類の首いぼクリームを使って使用感や効果を確かめました。首いぼクリーム・ランキングはこちらです。

 

イボ子のおすすめ首イボクリームランキング