杏仁オイルの効果・効能!いぼケアに効果あり!?

 

杏仁オイルはいぼケアに効果があるというウワサがあります。それって本当なのでしょうか?杏仁オイルの効果効能、イボケア成分などを徹底調査します。

 

 

杏仁オイルとは?

 

あんずの種の中心部分(仁)から抽出してオイルです。別名アプリコットオイル、アプリコットカーネルオイル、あんず油などと言われています。

 

杏仁オイルには5つの高級脂肪酸が含まれています。(高級といっても高価という意味ではありません。分子構造上、鎖が長いものを高級脂肪酸と言うだけです。)その中でも注目したいのがパルミトレイン酸です。パルミトレイン酸は若い人の肌に多く含まれる成分で、加齢とともに減少します。そのため別名「若さの脂肪酸」と言われています。

 

成分

効果効能

含まれる量

オレイン酸

人の皮脂に最も多く含まれる成分。酸化しにくい脂肪酸で水分の蒸発を防ぎ乾燥から肌を守ります。

62.5%

リノール酸

肌のバリア機能を高め、老化、乾燥、角質硬化を防ぎます。

39.1%

パルミチン酸

肌細胞を活性するビタミンAを安定化させます。肌を紫外線から守ります。

5%

パルミトレイン酸

「若さの脂肪酸」とも呼ばれ、新陳代謝を高め乾燥を防ぎ、角質を柔らかくします。

0.9%

ステアリン酸

肌に潤いと柔軟性を与えます。

1.1%

 

美容成分を多く含む杏仁オイルは加齢肌に必要な美容成分を補って新陳代謝を正常に近づけます。ビタミンEも入っていて抗酸化作用、つまりアンチエイジングも期待できるオイルです。

 

杏仁オイルのイボ取り効果とは?

首などのポツポツは老人性イボと言われるものです。首イボは古くなった角質が集まってできる角質粒です。そのため角質をやわらかくすることでイボがはがれ落ちやすくなります。杏仁オイルに含まれるオレイン酸は人の皮脂に多く含まれる成分のため皮膚の再生を促します。パルミトレイン酸は角質を柔らかくする作用があるのでイボがはがれるのを助ける働きがあります。

 

肌は新陳代謝を繰り返し絶えず新しい肌に生まれ変わっています。この肌サイクルをターンオーバーと言います。ターンオーバーは正常な肌だと28日と言われています。しかし加齢やストレスなどでターンオーバーの周期が乱れると、肌表面の角質がはがれ落ちにくくなります。それが集まって硬くなるのがイボです。

 

杏仁オイルにはターンオーバーを正常化させる働きがあるのでイボ取りに効果的と言われているのです。

 

杏仁オイルの使い方

杏仁オイルは気になるところに塗るだけではなく、マッサージをしたほうが効果が高いです。マッサージすることでイボに成分が浸透しやすくなります。

 

イボへのマッサージは優しく「の」の字を書くようにクルクルマッサージします。1箇所につき2~3分くらい。指の滑りが悪くなったらオイルを追加してください。

 

さらに気になるイボ中心にホットタオルをあてるとさら効果が高くなります。肌に熱を加えると軽いストレスを受けて体内ではタンパク質が増加します。これははヒートショックプロテインと呼ばれ、滑らかな肌を作る働きを持つと言われています。熱すぎないお湯でホットタオルを作るのがポイントです。

 

杏仁オイルのその他の効果

杏仁オイルはイボ取りだけでなく、美容効果もあります。

 

シワ、たるみ効果

シワやたるみの原因は加齢が原因とされてますが、加齢にともなう感想が原因です。杏仁オイルは保湿力に優れ、使用すると角質層が潤います。そのためハリのあるふっくらとした肌に導きます。若さの脂肪酸と呼ばれパルミトレイン酸、若返りのビタミンと呼ばれているビタミンEが含まれているため抗酸化作用、血行促進作用により、お肌のアンチエイジング効果が期待できます。

 

シミ対策・美白効果

杏仁オイルにはすでに出来てしまったシミを薄くする効果はありません。しかしシミやくすみを予防することはできます。これは杏仁オイルに血行を促進するビタミンE、抗酸化作用のあるパルミチン酸、保湿力に優れたオレイン酸が豊富に含まれているためです。

 

出来てしまったシミを薄くする効果はありませんが、保湿により肌のキメが整うとシミが薄くなったように見えることがあります。キメの細かい肌は光の乱反射が起きにくく、陰影がつきにくく明るく透明感のある肌に見えます。

 

ニキビへの効果

ニキビの原因は間違ったスキンケア、乱れた食生活、乱れた生活習慣などが挙げられます。杏仁オイルそのものはニキビ菌(アクネ菌)を殺菌する効果はありません。肌の乾燥を防ぎ肌のバリア機能を高めることで肌を清潔の状態に保つことができ、菌の増殖を防ぐことができます。杏仁オイルには血行促進作用のあるビタミンEも含まれているのでニキビ・ニキビ跡の予防におすすめです。

 

紫外線対策

杏仁オイルに含まれるパルミチン酸とステアリン酸が保湿膜を作り、紫外線B波から素肌守ります。朝塗って外出することで紫外線対策ができます。

 

杏仁オイルを使うときの注意点と副作用

杏仁オイルは天然植物由来のオイルです。特に副作用の心配はありません。しかし杏仁オイル100%では肌刺激が強くて敏感肌では使えないということもあります。ご自分でまずは使ってみることが必要ですね。

 

ただマッサージするときにはたっぷりのオイルを使いましょう。指の滑りが悪いと肌が刺激されて赤くなり肌荒れの原因になることがあります。

 

杏仁オイルの選び方

杏仁オイルは多くの種類が出回っています。原産地の違い、オイル抽出法などの違いでお値段も成分も変わってきます。注意したいのは高温圧搾で作られたオイルです。大量生産するために高温で圧搾しているものもありますが、成分が変わってしまっていることもあります。

 

本来の杏仁オイルの色は薄い黄色、そして香りは杏仁豆腐のような甘い香りがします。しかし大量生産の廉価品は色が透明、そして香りがないものがあります。こういうものは杏仁オイルに本来入っているパルミトレイン酸などの成分が入っていない可能性があります。選ばないのがベターです。

 

イボ子おすすめの杏仁オイルは

です。

 

これらは厳選したあんずを使って低温圧搾で作られた杏仁オイルです。もちろん色の薄い黄色で杏仁豆腐のような甘い香りがします。杏仁の成分もしっかり入っていますので安心して使うことができます。、

 

杏仁オイルの効果と効能のまとめ

杏仁オイルに含まれるパルミトレイン酸がいぼ取りに効果があることがわかりました。イボ取りには杏仁オイルとヨクイニンエキスですね。イボバスターのイボ子がおすすめするイボケア化粧品(首イボクリーム)はこちらです。

 

 

イボ子のおすすめ首イボクリームランキング