首イボに糸をつけてしばるって!自己流除去が決定的に危ない理由

首イボに糸をつけてしばるって!自己流除去が決定的に危ない理由

 

イボに糸を巻き付けて取るという方法があります。昔から行われている方法ですが首イボに効果があるのでしょうか?糸で取る方法を検証しました。

 

 

糸でしばって首イボが取れた方の口コミ

まず糸でしばる方法で首イボが取れた方の口コミをご紹介します。

 

きれいに取れました
首イボを髪の毛で縛って取りました。昼にやって夜には取れました。痛みもなくきれいに取れました。

 

4日後にはポロリしました。
木綿糸で縛り、数時間おきにきつく締め上げるようにしました。4日後にはポロリととれました。

 

イボを取ることができました
お腹のイボを糸で縛り、7日目にイボを取ることができました。

 

糸で縛って取れました
でん部と陰部の間にあるイボ。糸で縛りました。5日目にふにゃふにゃが硬くなり、ひっぱると取れました。

 

首イボや首以外の体の場所のイボが糸でしばって取れたという口コミがありました。

 

首イボを糸でしばって取る方法の効果を検証します

糸でしばってイボを取る方法は昔からおばあちゃんの知恵として伝えられてきました。おじいちゃん、おばあちゃんなどは髪の毛でイボをしばる方もいるとか。ではどうしてイボがポロリといくのでしょうか?イボは糸でしばることでいぼに血液が回らなくなり、栄養分が行きわたらなくなったいぼは死んで(壊死)してしまうからです。

 

取れる期間は大きさによりますが、小さいものだと1日で黒く硬くなり、ポロリと取れる場合もあります。大きいものは3~7日くらいかかるそうです。

 

首イボを糸でしばりる方法・やり方

それでは首イボを糸でしばる方法をご紹介します。

 

用意するもの
  • 糸(できれば細い糸、絹糸など)
  • ハサミ
  • 消毒液

 

やり方
イボの部分を消毒する

消毒液を使ってイボの部分を消毒します。

 

糸でイボの根元をしばります

イボの根元を糸できつく締め上げます。血流を止めるのが目的のためゆるく縛るとあまり意味がありません。しばるときに痛みがでることがあります。強く締め付けすぎないようにしてください。

 

長い糸はイボの根元で切りましょう。糸が目立つと恥ずかしいので、皮膚に近い色で目立たないものを使ったほうがよいでしょう。

 

放置する

放置しているとイボに血がいかなくなり、色が黒くなったり、硬くなったり、小さくなったりします。糸がゆるい場合は締め上げます。

 

様子をみる。ポロリすれば完了

イボの根元が細くなり触ってみて動くようなら少し引っ張って取ることもできます。ただそのまま放置して以前にポロリと取れるほうが跡が残らずキレイです。取れたあとは念のため消毒をしましょう。

 

イボ子のワンポイントアドバイス

 

糸でしばる方法は痛かったり、衛生的でない面もあるため、行うときには自己責任でお願いします。


 

首イボを糸でしばる方法の注意点

それでは首イボを糸でしばる方法のやり方が分かったところで、注意点をご紹介します。

 

痛みがある

糸をしめ上げるときに痛みがあります。強くしめつけるのも問題ですが、糸がゆるいと意味がありません。

 

出っ張っているイボにしか使えない

イボには突起しているものと平たいものがあります。糸でしばる方法は出てるイボにしか使えない方法です。

 

不器用な人には向かない

実際にやってみるとわかりますが、首のイボに糸をひっかけてしばるのは難しいことです。できれば器用な人にやってもらうのがいいでしょう。

 

化膿することがある

切り取った場所から出血することもあります。傷口から雑菌が入り化膿することがあります。

 

跡が目立つことがある

イボを取った部分がキレイに治らず、色素沈着など跡が目立ってしまうことがあります。こうなってしまうとイボを取った意味がありませんね。

 

首のイボ取りに糸でしばる!のまとめ

首イボを糸でしばる方法はかなり多くの方が自宅でやっている方法です。しかし衛生面などを考えてもおすすめできない方法です。大きなイボの場合は特に注意したほうがいいですし、病院に行って治療することをおすすめします。

 

小さなイボで自宅でケアしたいのなら、いぼ専門のクリームがおすすめです。首イボクリームは昔からイボ取りに良いとされるはとむぎエキスや杏子エキスを配合しています。イボを目立たなくキレイにする化粧品です。毎日のスキンケアでイボがキレイになればうれしいですよね。

 

イボ子おすすめはこちらです。よかったらのぞいてみてください。

 

イボ子のおすすめ首イボクリームランキング