知らないうちに出来ている首のぶつぶつの原因とケア方法

知らないうちに出来ている首のぶつぶつの原因とケア方法

 

年齢とともに首を触ると知らないうちにぶつぶつしたものが出来ていることがありますよね?吹き出物?ニキビ!?これって一体なんでしょうか?首のぶつぶつについてご紹介します。

 

 

首のぶつぶつの正体は?

首周りのぶつぶつは30歳を過ぎるころからできやすくなります。早い人では20代ででき始める人もいます。これは首イボと言われるものです。アクロコルドン、スキンタッグなどとも言います。いわゆる老化現象です。首イボは良性腫瘍なので痛みもなく、放置しても問題ありません。

 

しかし首イボは始めは少なかったのに放っておくと数が増えていきます。体質によって個人差がありますが比較的、肥満タイプの人にできやすいと言われています。

 

肌のぶつぶつは首回りだけでなく、皮膚の薄いところや弱いところに出来やすいです。胸や脇の下、脇腹、足の付け根(鼠径部)にもできます。大きさは1~3mm程度です

 

首のぶつぶつができる理由

首のぶつぶつの原因は古くなった角質と言われています。古くなった角質が肌表面にたい積してうまくはがれ落ちないために硬くなり、集まってイボになると言われています。

 

 

首にぶつぶつができる理由をまとめました。

 

肌の老化現象

肌にはターンオーバーと言われるサイクルがあります。ターンオーバーとはお肌の生まれかわりのサイクルのこと。正常なサイクルは約28日周期です。年齢とともにこのサイクルは長くなります。ターンオーバーが乱れると古くなった角質がはがれ落ちやすくなります。

 

摩擦・紫外線によるダメージ

洋服やアクセサリーなどで肌に摩擦が起こるとイボが出来てしまいます。

 

紫外線による皮膚ダメージも大敵です。紫外線を浴び続けることによって皮膚細胞が破壊されます。それに対する過剰反応として細胞分裂が活発になり細胞が過剰に増殖して肌が盛り上がるためにイボが出来てしまいます。

 

肥満

どちらからという太っている人のほうが出来やすい傾向があるようです。肥満になると首回りにも贅肉がつき皮膚同士の接触が首イボの原因になります。

 

首のぶつぶつの治療法

首のぶつぶつはムリに取ろうと思っても取れるものではありません。痛みもなく良性なのでそのまま放置してしまう人も多いです。放置して自然に治ることはありません。放置すると数が増えたり、大きくなったり、色が濃くなったりして目立ち始めます。大きくなると治療も大変になりますね。気になったらすぐに皮膚科を受診することおすすめします。

 

首にできるイボの種類によって病院での治療は変わってきます。代表的な首イボの治療法をご紹介します。

 

スキンタッグ/アクロコルドン

中年以降に多く出てくる小さな肌色の塊です。原因は皮膚の老化現象と言われています。突起型のものはネックレスなどにひっかかって痛い思いをすることも。実はこのタイプは一番治療しやすい種類のイボです。

 

治療方法

・液体窒素治療
-196℃の液体窒素を患部につける方法。痛みを伴う治療法。患部を低温火傷させてかさぶたを作ります。かさぶたが取れたら治療完了です。

 

・手術
医療用のハサミで切除する方法。痛みはなく非常に簡単に切除することができます。

 

・レーザー治療
炭酸ガスレーザーで瞬間的に焼き切る方法です。麻酔テープなどで局部麻酔をかけるので痛みはありません。比較的きれいに治りますが保険適応外なので費用がかかります。

 

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)・老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

皮膚にできる良性の腫瘍のことです。年齢とともにできはじめて、80代の方では100%できるものです。紫外線による肌ダメージ、皮膚の老化が原因と言われています。はじめは小さいものが少しずつ大きくなりますし、数も増えていきます。

 

治療法

・液体窒素治療
-196℃の液体窒素を患部につける方法。痛みを伴う治療法。患部を低温火傷させてかさぶたを作ります。かさぶたが取れたら治療完了です。

 

・手術
大きなものはメスを使って切開します。麻酔を使うので痛みはなく2週間ほどで痕は消えます。

 

・レーザー治療
炭酸ガスレーザーで瞬間的に焼き切る方法です。麻酔テープなどで局部麻酔をかけるので痛みはありません。保険適応外なので費用がかかることがネックです。

 

・電気焼灼治療
電気メスを使用して切除する治療方法です。2週間くらいで傷痕はきれいになります。

 

軟性繊維腫(なんせいせんいしゅ)

大きさは1cmくらいになり、肌と同じ色か薄い茶色です。高齢者、肥満の人、妊娠中の人、糖尿病の人などに出来やすいと言われています。

 

原因ははっきりしていませんが、皮膚と衣類などとの摩擦が影響しいているという説が有力です。妊娠している人はホルモンの影響、糖尿病の人は血糖値が影響しているという説もあります。

 

治療法

・手術
メスで切開したあと縫合します。局部麻酔するので痛みはありません。

 

・炭酸レーザー治療
麻酔テープなどで局部麻酔をして、炭酸ガスレーザーを照射して焼き切ります。削る深さを調節できるので大きくなってしまったイボを根本的に治したい人に向いています。保険適応外です。

 

 

イボ子のポイント

首イボはぶつぶつしていると見た目が悪かったり、老けてみられてしまうことがあります。しかし痛みやかゆみがないので皮膚科を受診しない人がほとんどです。でも放置すれば治るのかというとイボが大きくなったりしてやっかいなことに!

 

イボが大きくなる前にケアしたいですよね。首に出来るぶつぶつは古くなった角質が肌表面にたまってしまったもの。きちんとケアしてあげればキレイな状態に戻すことできます。大きくなってしまったものなど全部のケースに当てはまるというわけではありませんが、自分できれいにできる可能性もあります。

 

首にできたぶつぶつがまだ小さい人や、少ない人はこれからご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか?

 

首のぶつぶつを自宅でケアする法

首のぶつぶつを自宅でケアしたい場合、
・ハサミで切る
・ドライアイスで焼く
・糸で縛って取る
・線香で焼く
などの方法もあるようですがリスクが高く、安全とは言えません。

 

首イボは肌表面にたまってしまった角質のかたまりです。保湿をして肌バリアを作りましょう。首イボを自宅でケアする一番の方法はイボ専用のクリームを使う事です。首イボ取りにはイボに効く成分が入ったクリームを使うといいです。イボに良いとされる成分はヨクイニンエキスと杏仁オイルと言われています。

 

成分

原料

効果効能

ヨクイニンエキス

ハトムギの種皮を取り除いたものを抽出したもの

昔からイボ取りに使われてきた生薬。コイクセラノイドという成分が腫脹組織に働きかえると言われています。

杏仁オイル

杏の種の中にある核(仁)から絞り出したオイル。

角質硬化で硬くなった皮膚を滑らかにしポツポツを除去します。

 

イボが出来ている肌は乾燥しています。乾燥は肌トラブルの元凶なのでイボケアにも保湿することも大切です。乱れてしまったターンオーバーを正常化し、首イボを予防するためにも保湿が一番です。保湿成分のたっぷり入っているものを選びましょう。

 

 

 

おすすめ首イボクリームランキング

 

首のぶつぶつの予防

首のぶつぶつは大きく育ってからケアしようとすると大変です。それよりもでき始めからケアして増やさない、大きくしないといった方法がいいですね。首のぶつぶつ予防には肌刺激をあたえないために紫外線を浴びるのはNG。日焼け止めなどを首元に塗ったり、首を露出する服を避けたりしましょう。

 

紫外線対策
  • 日焼け止めを塗る
  • 首を出さない、首にストールなどを巻く
  • 保湿をする

 

摩擦対策
  • 締め付けのきつい下着はつけない
  • ネックレスなどのアクセサリーをつけない
  • 保湿する

 

肌のターンオーバー正常化のためには、ストレス対策も必要です。食生活の乱れ、睡眠不足などもターンオーバーの乱れを引き起こしますので規則正しい生活習慣を持つことも大切です。

 

首のぶつぶつまとめ

首のぶつぶつは首イボで老化現象ということが分かりました。でも老化だからとあきらめる必要もありません。要は肌表面の角質ケアをすればいいのです。首イボは放置すると増えてしまったり大きくなってしまいます。これ以上増やさないためにも気になり始めたら首イボクリームを試してみることおすすめします。

 

イボ子のおすすめ首イボクリームランキング