【画像付き】アクロコルドンのケアと治療法を徹底解説!

【首いぼの種類】アクロコルドンのケアと治療法を徹底解説!

 

首にできたポツポツはアクロコルドンと言われるものです。アクロコルドンとは一体どんなものでしょうか?治療法、ケア方法などをご紹介します。

 

 

アクロコルドンとは?

アクロコルドン(acrochordon)は主に首にできるいぼのことです。首以外にもワキや鼠径部(そけいぶ)にもできます。特徴は皮膚の柔らかいところに出来やすいことです。

 

いぼを触ってみると柔らかいのも特徴です。色は肌色から褐色。2~3mm程度の小さないぼです。加齢とともにできやすくなります。女性や肥満の方に出来やすいと言われています。

 

アクロコルドンの原因

いぼには大きく分けてウイルスが原因のものとウイルスが原因でないものがあります。首にできるアクロコルドンはウイルスが原因でない非感染性と言われています。

 

中年以降の女性に出来やすく20代から徐々にでき始めて30代から気になってくるものです。アクロコルドンは悪性の腫瘍(しゅよう)ではないため、皮膚病などの心配はありません。しかし、襟のあいた服を着た時に見えたり、数が増えたりして気になる方も多いです。

 

見た目の問題だけでなく、服でこすれたり、ねじれたりして炎症が起こることもあります。

 

アクロコルドンの治療

アクロコルドンは良性腫瘍のため治療をしなくても問題はありません。しかし刺激により炎症が出てしまった場合や見た目が悪いなど気になるようなら治療を行うことができます。治療は以下の3種類が行われています。

 

液体窒素を用いた凍結療法(保険治療)

液体窒素を使っていぼを凍結させる方法です。液体窒素の温度は約―200℃という超低温です。いぼを一気に凍結させます。専用の特殊なピンセットまたは綿棒でいぼをひとつひとつつまむようにして凍結させます。凍結したぶぶんは1~2週間でかさぶたとなってはがれます。

 

ハサミで切り取る(保険治療)

ハサミでひとつひとつのいぼを切除します。乱暴な感じがしますが小さなイボならハサミで切ってもほとんど出血しません。術後は軟膏を使用します。

 

炭酸ガスレーザー治療(自費治療)

炭酸ガスレーザーを使用します。盛り上がった組織を瞬時に蒸発させます。いぼを瞬間的に焼き切ります。数が多い場合には数日に分けて治療します。

 

アクロコルドンを病院で治療する方法は一番手っ取り早いですがデメリットもあります。思いつくデメリットは以下の通りです。

 

デメリット
  • いずれの方法も傷あとが残る可能性がある
  • いぼが多い場合は何度も通院する必要がある
  • 自費治療を選ぶと費用がかかる
  • アフターケアが必要
  • 麻酔をしないものは痛みがある

 

アクロコルドンの自宅ケア

アクロコルドンを病院で治療する方法もありますが、自宅でケアする方法もあります。自宅でケアする方法はスキンケアです。イボによいとされる成分を配合したクリームを塗ることでイボポロリさせたり、目立たなくさせたりします。

 

アクロコルドンは病院で治療しても再発する可能性が高いものです。再発したあとにまた治療することもいいですが、スキンケアで首いぼの再発予防ケアもできたらいいですね。

 

アクロコルドンができる原因は加齢によるものと言われています。年齢を重ねるとどうしても肌は乾燥しがちですね。乾燥したお肌は刺激を受けやすくなります。いぼが出来やすく、その他の肌トラブルの原因にもなります。

 

首イボクリームには保湿成分がたっぷり入っているので保湿効果が望めます。乾燥しているお肌がうるおうとアクロコルドンが出来にくくなると言われていますのでおすすめです。

 

首イボクリームをおすすめする理由
  • 傷あとが残らない
  • 通院する必要がない
  • 費用はクリーム代だけ
  • 毎日のケアのみ
  • 痛みがない

 

アクロコルドンのまとめ

アクロコルドンは皮膚病やガンなどの悪性腫瘍ではないので治療する必要はありません。気になる場合は治療することもいいですが、傷跡が残ったり再発することもあります。

 

そのためイボ子は首いぼクリームをおすすめしています。首いぼクリームはイボをキレイにすることはもちろんですが、イボの予防にもつながりますのでおすすめです。イボ子の首いぼクリーム・ランキングはこちら。

 

イボ子のおすすめ首イボクリームランキング